サイディングで失敗しない塗装のやり方


サイディングとは、モルタルの外壁の代わりに使われている、外壁の仕上げ用のボードになります。

このサイディングですが、最初からいろいろな模様がついているので、

塗らなくていいと思っている方もいるかもしれませんが、

サイディングも劣化してしまうので塗らなければいけません。

しかし、このサイディングですが相当厄介で、サイディング自体の厚みや、

サイディングの貼り方や、仕上げ用コートなど様々な不具合を発生させる要因を含んでおります。

何もわからずにいつも通りの塗料で塗ってしますと、

塗膜が膨れたり、剥がれたりと言うことになりかねません。

シリコン塗料やフッ素塗料と選ばれるのはいいですが、

まずは下塗りからそのサイディングにあう下塗り塗料選ばなくてはいけません。

そして塗り替えた後の、どうしても起こってしまう不具合なども、

ご理解していただかなければいけません。

そして、サイディング塗り替え診断士と言う資格もございますので、

外壁塗装をご依頼の際は一つの目安としてみてください。

サイディングの外壁塗装はリフォーム会社ではなく、塗装の専門店にご相談ください。

サイディングの塗り替えは、

日本ペイント・ダイヤモンドコート認定施工店、株式会社功栄にお任せ下さい。



良い業者選びのポイント① ヘルメット


お客様にとって良い業者とは、技術はもちろんのこと、知識や、話やすさ、信頼性、

保証、だったりといろいろな評価によって決められます。

要するに、信用できる業者かそうでない業者に分かれます。

塗装工事は商品を買う前に見ることができません。その状況で業者を選ばなくてはいけません。

会社の雰囲気や規模、営業マンの知識や雰囲気、お見積り金額、

近所の方の評判などで判断しなくてはいけません。

しかし実際に商品を作り出すのはその工事に携わっている職人さんたちです。

この職人さんの技術や知識、マナーにかかっております。

そこでいろいろとその職人さんたちを良い職人、悪い職人と判断することはできますが、

一番簡単な判断基準は、ヘルメットです。

ヘルメットは、頭を守る大切な安全具になります。

ヘルメットは作業中はかぶらなけらばいけないと法律で決まっております。

すなわち工事中のお約束事です。

ヘルメットをかぶらなければ、技術がないわけではありませんが、

技術を持っているのに使ってくれなければ意味がありません。

ヘルメットも同様でかぶらなければいけないとわかっているのに、

かぶっていない職人さんが非常に多いです。

ヘルメットをかぶっていない職人=お客様とのお約束事(見積もり内容)を守っていないと言うことです

良い業者を見分ける一つの基準としてホームページなどでヘルメットのご確認をするといいでしょう。

横浜市の外壁塗装・屋根塗装は、

日本ペイント・ダイヤモンドコート認定施工店、株式会社功栄にお任せ下さい。



塗り替えは、下塗り材選びから


既存の塗膜と強力に密着させ、尚且つ下地の状態を均一にする下塗り材。

下塗り材は、下地の種類や、既存の塗膜の種類によって使い分けなければいけません。

わからない人が選ぶと、いつも通りの下塗り材を選べばいいと思っています。

上塗り以上に気を付けて選定しないといけないのです。

塗膜の厚みは、下塗り材が半分以上を占めています。すなわち、塗膜は下塗りにより決まるのです。

外壁に塗る下塗り材で、塗料メーカーの日本ペイントの下塗り材だけで、30種類以上あります。

その中から、下地の種類や、既存の塗膜の劣化状況、建物の構造などを考慮して

下塗りを選定しなければいけません。

ペンキ屋さんの中でも下塗りを勉強されている方は約50%程度だと思います。

リフォーム会社など塗装の専門店でないと、下塗りなどはほとんどわかりません。

よって塗装後の不具合が起きて当然なのです。

塗り替えは、終わった直後は誰が何の塗料で塗ったとしてもさほど仕上がりは変わりません。

1年後2年後と経過していくうちに技術や知識がない方が塗ったお宅は劣化が著しく現れてきます。

近所で有名なリフォーム会社や、お隣がやられたから大丈夫と思ってはいけません。

10年後のご自宅を考え外壁塗装は専門店にご依頼してください

横浜・湘南・横須賀エリアの外壁塗装、屋根塗装は、

日本ペイント・ダイヤモンドコート認定施工店、株式会社功栄にお任せ下さい。



まずは無料診断をおすすめします!

お得なWEB限定キャンペーンはこちら

功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄で大満足の外壁塗装ができる理由とは? WEB限定キャンペーン 外壁塗装キャンペーン 598,000円 屋根塗装キャンペーン 198,000円 ベランダ防水キャンペーン 89,000円 まずは診断をおすすめします 無料 外壁診断 雨漏り診断 緊急対応 無料 神奈川県No.1安心現場 無料相談 横浜 外壁塗装 功栄 横浜 塗料比較表 功栄 横浜 塗装を長持ちさせる秘訣 功栄 横浜 雨漏り防止対策 功栄 おすすめ塗料 ダイヤモンドコート おすすめ塗料 アルマースSi おすすめ塗料 パーフェクトトップ おすすめ塗料 サーモアイ おすすめ塗料 ナノコンポジットW おすすめ塗料 ガイナ おすすめ塗料 UVプロテクトクリアー おすすめ塗料 ノンロット 功栄 Q&A メインメニュー
施工エリア 外壁塗装 横浜市 横須賀市 鎌倉市 逗子市 藤沢市 功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
横浜外壁塗装 功栄の社長ブログの最新記事
2014年 9月30日
サイディングで失敗しない塗装のやり方

サイディングとは、モルタルの外壁の代わりに使われている、外壁の仕上げ用のボードになります。

このサイディングですが、最初からいろいろな模様がついているので、

塗らなくていいと思っている方もいるかもしれませんが、

サイディングも劣化してしまうので塗らなければいけません。

しかし、このサイディングですが相当厄介で、サイディング自体の厚みや、

サイディングの貼り方や、仕上げ用コートなど様々な不具合を発生させる要因を含んでおります。

何もわからずにいつも通りの塗料で塗ってしますと、

塗膜が膨れたり、剥がれたりと言うことになりかねません。

シリコン塗料やフッ素塗料と選ばれるのはいいですが、

まずは下塗りからそのサイディングにあう下塗り塗料選ばなくてはいけません。

そして塗り替えた後の、どうしても起こってしまう不具合なども、

ご理解していただかなければいけません。

そして、サイディング塗り替え診断士と言う資格もございますので、

外壁塗装をご依頼の際は一つの目安としてみてください。

サイディングの外壁塗装はリフォーム会社ではなく、塗装の専門店にご相談ください。

サイディングの塗り替えは、

日本ペイント・ダイヤモンドコート認定施工店、株式会社功栄にお任せ下さい。

2014年 9月29日
良い業者選びのポイント① ヘルメット

お客様にとって良い業者とは、技術はもちろんのこと、知識や、話やすさ、信頼性、

保証、だったりといろいろな評価によって決められます。

要するに、信用できる業者かそうでない業者に分かれます。

塗装工事は商品を買う前に見ることができません。その状況で業者を選ばなくてはいけません。

会社の雰囲気や規模、営業マンの知識や雰囲気、お見積り金額、

近所の方の評判などで判断しなくてはいけません。

しかし実際に商品を作り出すのはその工事に携わっている職人さんたちです。

この職人さんの技術や知識、マナーにかかっております。

そこでいろいろとその職人さんたちを良い職人、悪い職人と判断することはできますが、

一番簡単な判断基準は、ヘルメットです。

ヘルメットは、頭を守る大切な安全具になります。

ヘルメットは作業中はかぶらなけらばいけないと法律で決まっております。

すなわち工事中のお約束事です。

ヘルメットをかぶらなければ、技術がないわけではありませんが、

技術を持っているのに使ってくれなければ意味がありません。

ヘルメットも同様でかぶらなければいけないとわかっているのに、

かぶっていない職人さんが非常に多いです。

ヘルメットをかぶっていない職人=お客様とのお約束事(見積もり内容)を守っていないと言うことです

良い業者を見分ける一つの基準としてホームページなどでヘルメットのご確認をするといいでしょう。

横浜市の外壁塗装・屋根塗装は、

日本ペイント・ダイヤモンドコート認定施工店、株式会社功栄にお任せ下さい。

2014年 9月27日
塗り替えは、下塗り材選びから

既存の塗膜と強力に密着させ、尚且つ下地の状態を均一にする下塗り材。

下塗り材は、下地の種類や、既存の塗膜の種類によって使い分けなければいけません。

わからない人が選ぶと、いつも通りの下塗り材を選べばいいと思っています。

上塗り以上に気を付けて選定しないといけないのです。

塗膜の厚みは、下塗り材が半分以上を占めています。すなわち、塗膜は下塗りにより決まるのです。

外壁に塗る下塗り材で、塗料メーカーの日本ペイントの下塗り材だけで、30種類以上あります。

その中から、下地の種類や、既存の塗膜の劣化状況、建物の構造などを考慮して

下塗りを選定しなければいけません。

ペンキ屋さんの中でも下塗りを勉強されている方は約50%程度だと思います。

リフォーム会社など塗装の専門店でないと、下塗りなどはほとんどわかりません。

よって塗装後の不具合が起きて当然なのです。

塗り替えは、終わった直後は誰が何の塗料で塗ったとしてもさほど仕上がりは変わりません。

1年後2年後と経過していくうちに技術や知識がない方が塗ったお宅は劣化が著しく現れてきます。

近所で有名なリフォーム会社や、お隣がやられたから大丈夫と思ってはいけません。

10年後のご自宅を考え外壁塗装は専門店にご依頼してください

横浜・湘南・横須賀エリアの外壁塗装、屋根塗装は、

日本ペイント・ダイヤモンドコート認定施工店、株式会社功栄にお任せ下さい。

2014年 9月26日
外壁塗装の依頼方法

外壁塗装の依頼方法はいろいろあります。

①リフォーム会社に依頼する方法。

お客様   → リフォーム会社 → 塗装の専門店

②工務店に依頼する方法。

お客様   → 工務店     → 塗装の専門店

③紹介サイトに依頼する方法。

お客様   → 紹介サイト   → 塗装の専門店

④塗装の専門店(ペンキ屋さん)に依頼する方法。

お客様   → 塗装の専門店

最終的にどの方法で外壁塗装を依頼されても、塗装の専門店が作業をします。

④のお客様が直接塗装の専門店にご依頼頂ければ、より一層手間をかけれます。

その理由は、

①の場合、リフォーム会社の営業費や宣伝費、利益や諸経費などを差し引き、

約半分くらいの金額で塗装の専門店が作業を致します。

②の場合、①の場合と同じく、工務店の会社が経費などを差引、

塗装の専門店が作業を致します。

③の場合、この依頼方法は紹介料と言う形でサイト運営会社に工事金額の何%かを、

塗装の専門店がお支払をすると言う形になります。

④の場合、まずどこの会社もはさまないので余計な経費がかかりません。

次にもし他の依頼方法と同じ工事金額だとしたら、

専門店なので専門家のこだわりぬいた施工方法で外壁塗装が行えるます。

そして、他の依頼方法と同じ施工方法だとしたら、工事金額が少し安くできます。

それぞれ、こんな方が依頼するといいと思う方。

①の場合、いろいろな工事と一緒に行う外壁塗装をお考えの方。

②の場合、主に大工工事をメインに外壁塗装をお考えの方。

③の場合、一度に数社の相見積もりが取れるので面倒な方はいいのかもしれません。

④の場合、安い金額ではないので絶対失敗したくない方。

①~③もそれぞれいい部分もありますが、

やはり外壁塗装や屋根塗装は、

塗装の専門店にご依頼されるのがどの面から見ても、一番失敗しない方法だと言えます。

横浜・湘南・横須賀エリアの外壁塗装、屋根塗装は、

日本ペイント・ダイヤモンドコート認定施工店、株式会社功栄にお任せ下さい。

功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店 功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店