防水について

  • 投稿日:2016年 4月 1日
  • テーマ:

横浜市 栄区 リフォーム 塗装 防水 防水とは、建物の雨や水があたる部分を防水加工することにより建物内部に水が入るのを防ぎます。どこに使われているかというとベランダやマンション・アパートの屋上に使われています。
弊社は、戸建住宅のベランダ防水工事を主にやっています。
戸建住宅のベランダは主にFRP防水かウレタン防水が主流です。


防水の種類



横浜市 栄区 塗り替え 防水 リフォーム

FRP防水

FRP防水とは、繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforceed Plastics)の略称で、プラスチック材料の中でも耐衝撃性に強く、耐水性や成形性などもあり、船や車のボディパーツ、バスタブに使われています。
高硬度で、耐衝撃性・耐摩耗性に優れていて戸建住宅のベランダでよく見られます。

防水 塗り替え リフォーム 横浜市 栄区 港南区 ウレタン防水

ウレタン防水とは、ウレタンゴム系塗膜の液体状のウレタン樹脂で、塗布した材料が硬化するとゴム状で弾性のある防水塗膜ができます。
ウレタンは施工場所の形状が複雑でも、下地の形状に馴染みやすく既存の防水層の上から塗ることができます。
ウレタンを重ね塗りすることにより厚みが増し弾性を高めます。別の防水層があってもその上から塗ることができます。



防水の材料


弊社では、中外商工のアートプルーフU-ONEをおすすめしております。

横浜市 栄区 港南区 防水 ウレタン 塗り替え リフォーム 防水 塗り替え ウレタン リフォーム 横浜市 栄区 港南区



横浜市 栄区 港南区 塗装 防水 ウレタン リフォーム アートプルーフの特長

1. 冬期でも翌日次工程が出来ます。潜在性硬化剤を有しているため、従来の1液に比べ大幅な硬化時間の短縮が可能です。

2. 配合・混合・撹拌が不要で1液なので硬化不良がありません。

3. 特定化学物質非該当品で環境に配慮した材料です。


ウレタン防水の不具合事例


横浜市 栄区 港南区 塗装 防水 リフォーム 膨れ 膨れる原因

下地の乾燥不足・残存水分などが膨れの原因です。
表面が濡れていたら防水は絶対にできません。

改善策

下地をしっかり乾かす。通気緩衝法の選択



防水 ウレタン 剥がれ 塗り替え リフォーム 横浜市 栄区 港南区 剥がれの原因

下地判断ミス、下地調整不足が原因です。

改善策

既設下地の確認、綺麗に清掃し、しっかりプライマーを塗布しましょう。

横浜市 栄区 港南区 防水 塗装 リフォーム ひび割れ

ひび割れの原因

未硬化状態でのトップコート塗布、過度な塗布量

改善策

しっかり乾かしてからトップ施工、規定量での施工



防水工事施工風景


横浜市 栄区 港南区 塗装 防水 施工前 リフォーム ウレタン 施工前

既存塗膜の確認、トップコートが塗られていて、はがれが目立ちます。

リフォーム 塗装 防水 ウレタン ケレン 横浜市 栄区 ケレン

旧塗膜は、皮スキ・サンドペーパーなどで落としましょう。
大変ですが、しっかり落とさないと浮いているところの上から防水をしてもそこからすぐに浮いたりめくれる原因になります。

横浜市 栄区 港南区 防水 ウレタン 清掃 リフォーム 清掃

ケレンした後はしっかり清掃しましょう。

ゴミなどが落ちていると、膨れ・はがれの原因になります。

塗装 防水 ウレタン 下地調整 カチオンフィラー リフォーム 横浜市 栄区 下地調整

ケレンした後、凸凹になるのでカチオンフィラーで平らにします。

横浜市 栄区 塗り替え 防水 ウレタン プライマー リフォーム プライマー塗布

上塗りをしっかり密着させるため、塗り残しが無いようにしっかり塗布します。塗り残すと浮く原因になります。

横浜市 栄区 ウレタン 防水 塗り替え 1層目 リフォーム ウレタン防水1層目

細かいところまでながし込み、厚みをつけていきます。

リフォーム 横浜市 栄区 防水 ウレタン 2層目 塗り替え ウレタン防水2層目

1層でも平気ですが、より厚く耐久性・伸縮性を良くするため2層ながします。

横浜市 栄区 港南区 塗装 防水 トップコート ウレタン トップコート塗布

最後に直射日光の遮熱効果、紫外線による防水層の保護としてトップコートを塗布し防水完了になります。

防水 施工後 ウレタン 塗り替え リフォーム 横浜市 栄区  施工後

施工中は特に不具合もなく、綺麗になりました。施工前と比べると見違えるほどです。


ベランダ防水施工事例



防水 施工事例 施工前 リフォーム 塗り替え 横浜市 港南区 栄区 リフォーム 防水 施工事例 横浜市 栄区 港南区 塗り替え 施工後
施工前 施工後


横浜市 栄区 施工前 防水 施工事例 塗り替え リフォーム ウレタン 防水 施工事例 塗り替え リフォーム ウレタン 横浜市 栄区 施工後
施工前 施工後



横浜市 栄区 港南区 防水 施工前 リフォーム 塗り替え ウレタン 防水 施工後 リフォーム 塗り替え 横浜市 栄区 ウレタン
施工前 施工後



横浜市 栄区 港南区 防水 施工前 リフォーム ウレタン  防水 塗装 施工後 リフォーム ウレタン 横浜市 栄区
施工前 施工後


横浜市 栄区 防水 施工前 ウレタン リフォーム 施工事例 施工事例 防水 施工後 ウレタン リフォーム 横浜市 栄区
施工前 施工後



横浜市 栄区 港南区 防水 施工前 施工事例 ウレタン  ウレタン 防水 施工後 施工事例 横浜市 栄区 港南区
施工前 施工後


施工事例 横浜市 栄区 港南区 施工前 防水 ウレタン リフォーム 防水 ウレタン 施工後 施工事例 横浜市 栄区 
施工前 施工後





熱膨れについて

  • 投稿日:2016年 3月21日
  • テーマ:

熱膨れ


外壁などによくできる膨れ、なぜ膨れるのか気になると思います。熱膨れとは、既存塗膜の中の水分が温度上昇により膨張し塗膜を押し上げることで発生するのが熱膨れです。その他にも溶剤系の塗料を使って塗装する際に乾いてない内に上塗りをして熱によって液体から気体となって上塗りの塗膜を押し上げてしまい膨れてしまうということもあります。


熱膨れ易い条件


横浜市 栄区 外壁 塗装 熱膨れ リフォーム
気候と方位:夏で、陽射しの強い西面と南面
素材:断熱性、吸水率の高いサイディング(ALCも同様)

裏面塗装されていないサイディング
旧塗膜:アクリル、弾性塗料など熱軟化し易い塗膜

塗り替 塗膜:透湿性が小さい、単層弾性などのような柔らかい膜
赤外線を吸収しやすい濃彩色、断熱性の高い塗膜


横浜市 栄区 塗装 リフォーム 外壁 屋根 熱膨れ 水蒸気

水から水蒸気への変化

横浜市 栄区 塗り替え 熱膨れ 弾性 塗料

水から水蒸気へと変化することを蒸発(または気化)と言います。水から水蒸気へと変化するときの温度は標準大気圧(1気圧)で100度です。これを(沸点)と言います。沸点とは、液体が沸騰し始める時の温度です。
熱膨れは、気体だけでは膨れません。液体から気体に変化するときに大きく膨れます。


熱膨れの対策・対処


熱膨れは色・塗料が関係しています。濃い色は吸収した熱をそのまま閉じ込めるので熱膨れしやすくなります。なので色選びの際はよく考えましょう。

塗料は下地によって変えましょう。10年前によく使われていた単層弾性型の上塗材に熱膨れは多く見られ、下地が弾性塗料の場合は要注意です。

窯業系サイディングの場合サイディングは断熱性や防火性などに優れています。弾性塗料は弾性があるのでサイディングに塗ると熱の逃げ場がなくなり蓄熱によって膨れてしまうので塗ることができません。

外壁が弾性塗膜で塗膜が膨れていた場合、膨れている部分を剥がし下地調整をして塗装を行います。弾性塗膜の膨れる原因は雨水ですので漏水しそうな箇所はシーリングで押さえましょう。


最後に、膨れ・雨漏りなど塗装に関してどうしたらいいかわからないとお困りの方はお気軽にご相談ください。



シーリング(コーキング)打替えについて

  • 投稿日:2016年 3月14日
  • テーマ:

シーリングについて


シーリングは、防水性・気密性を目的として外壁の目地・サッシ廻りなどに用いられています。多く使われるのは、外壁のサイディングボードで、ボードとボードの隙間をシーリング材で埋めます。隙間を埋めることによって雨漏りを防ぐ防水性、地震の揺れなどをシーリングの伸縮で家を守る耐震性を得ることができます。

横浜市 栄区 塗装 港南区 シーリング 打替え リフォーム 外壁 目地 リフォーム 塗装 シーリング 打替え 横浜市 栄区 外壁 目地

シーリングにはいろんな種類があり施工箇所によって使い分けないと耐久性・美観性などに影響します。弊社では、サイディングのシーリング打替えが多いのでサイディング目地専用のオートンサイディングシーラントを使用しております。

オートンサイディングシーラントについて


横浜市 栄区 港南区 外壁 リフォーム シーリング 打替え 目地 オートンサイディングシーラントとは、サイディング専用のシーリング材です。ネオウレタンポリマーを主成分としているため、ウレタンやシリコンシーリング材よりも耐久性・耐候性などが優れています。すでに20年以上の実績があるため安心して使用することができます。



二面接着について


二面接着 シーリング 打替え 目地 二面接着とは、目地にシーリング材を充填する場合、相対する被着面の2面に接着させ、目地底には接着させないことをいいます。

これはシーリング材が建物の伸縮に追従できるよう配慮した工法です。
住宅建築においては2面接着が基本になります。

建物によって目地の深さが違います。目地が深い場合はバックアップ材を、目地が浅い場合はボンドブレーカーを使用して三面接着にならないようにしています。

シーリング 外壁 目地 打替え 横浜市 栄区 リフォーム 目地の幅・深さは建物によって異なりますがシーリングの厚みは10㎜以上を確保することになっています。ですが、バックアップ材などが入っており実際は5~10㎜の厚みになります。なので、目地が浅い建物はボンドブレーカーを使って、三面接着を防ぎ、厚みを得られるようにします。



シーリング打替えの工程



横浜市 栄区 外壁 目地 シーリング 打替え リフォーム 施工前 リフォーム 外壁 目地 シーリング 打替え 撤去 横浜市 栄区 外壁 目地 シーリング 打替え バックアップ材 リフォーム 横浜市 栄区
シーリング施工前です。シーリングの痩せ、剥がれなどがあるためシーリングを打替えます。 古いシーリングは綺麗に撤去します。取り残しがあると古いシーリングから剥がれてしまいます。写真はありませんがこの後、しっかり清掃しています。 この建物は目地が浅いので二面接着させるためにボンドブレーカーを貼ります。
横浜市 栄区 外壁 シーリング 打替え 目地 プライマー  外壁 目地 シーリング 打替え 横浜市 栄区 打ち込み シーリング 打替え なびき 外壁 目地 横浜市 栄区
オートサイディングシーラント専用のプライマーを塗布します。プライマーを塗らないと接着せず、すぐに剥がれてしまいます。目地底には塗らないようにしています。 シーリングガンを使用し、シーリングを打ち込んでいます。ガンを浮かしてしまうと目地の中に空気が入ってしまうので、浮かさないようにしっかり押さえて打っています。 なびきでは専用のなびきバッカーをしようして平らにしています。シーリングの打つ箇所によってバッカーを変えます。
横浜市 栄区 シーリング 打替え 施工後 外壁 目地
養生を剥がし打替え完了になります。シーリングが乾く前に養生を剥がさないと綺麗に剥がせなくなりますので乾く前に剥がします。

シーリングは建物、立地条件にもよりますが約5年過ぎで劣化が始まります。劣化が始まるとシーリングの痩せ・亀裂・剥がれなどの症状があり、放っておくと雨漏りや外壁の亀裂など建物内部に影響します。塗装もシーリングも10年が目安なので一緒にやるのが良いと思います。

1  2  3  4

まずは無料診断をおすすめします!

お得なWEB限定キャンペーンはこちら

功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
功栄で大満足の外壁塗装ができる理由とは? WEB限定キャンペーン 外壁塗装キャンペーン 598,000円 屋根塗装キャンペーン 198,000円 ベランダ防水キャンペーン 89,000円 まずは診断をおすすめします 無料 外壁診断 雨漏り診断 緊急対応 無料 LINEで相談 簡単 無料 神奈川県No.1安心現場 無料相談 横浜 外壁塗装 功栄 横浜 塗料比較表 功栄 横浜 塗装を長持ちさせる秘訣 功栄 横浜 雨漏り防止対策 功栄 おすすめ塗料 ダイヤモンドコート おすすめ塗料 アルマースSi おすすめ塗料 パーフェクトトップ おすすめ塗料 サーモアイ おすすめ塗料 ナノコンポジットW おすすめ塗料 ガイナ おすすめ塗料 UVプロテクトクリアー おすすめ塗料 ノンロット 功栄 Q&A メインメニュー
施工エリア 外壁塗装 横浜市 横須賀市 鎌倉市 逗子市 藤沢市 功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店
横浜外壁塗装 功栄の社長ブログの最新記事
2017年 5月22日
横浜市戸塚区I様邸3年目アフター点検
点検のポイント 3年目のアフター点検ですので、塗膜の状態を中心に確認させて頂きました。
外壁塗装 屋根塗装 付帯部塗装 横浜市 戸塚区 3年目アフター点検 メンテナンス 住宅
施工事例

アフター点検データ

外壁
屋根
付帯部
3年目
外壁
屋根
付帯部
岩井

施工事例
外壁塗装 屋根塗装リフォーム アフターメンテナンス 点検


ありがとうございました。



お客様の声
外壁リフォーム
外壁・屋根リフォーム
施工事例一覧

LINEバナー2.jpg
2017年 5月20日
横浜市戸塚区N様邸軒樋塗装
2017年 5月11日
横浜市戸塚区N様邸屋根塗装施工動画
横浜市戸塚区N様邸屋根塗装の施工動画をUPしました!
横浜・鎌倉・横須賀エリアの外壁塗装、屋根塗装は、
日本ペイント・ダイヤモンドコート認定施工店の功栄にご相談下さい。
2017年 5月11日
ダイヤモンドコート外壁塗装施工動画
横浜市戸塚区N様邸のダイヤモンドコート外壁塗装の施工動画をUPしました!
横浜・鎌倉・横須賀エリアの外壁塗装、屋根塗装は、
日本ペイントダイヤモンドコート認定施工店の功栄にご相談下さい。
2017年 5月 2日
ゴールデンウィークの営業のお知らせ
誠に勝手ながら、下記の日程で休業とさせて頂きます。

5月2日(火) 通常営業
5月3日(水) 休業
5月4日(木) 休業
5月5日(金) 休業
5月6日(土) 休業
5月7日(日) 休業
5月8日(月) 通常営業

お問合せについては、メールのみのご対応となります。
お返事については、5月8日(月)より順次行っていきますので、
何卒、宜しくお願い申し上げます。
功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店 功栄のブログ ダイヤモンドコート認定施工店