TOPへ戻る

塗装前に知っておくべき
外装リフォームの
豆知識をご紹介!

「どうして塗装をするの?」
「いつ頃が適切なの?」

なぜ塗装が必要か?

塗装の目的は…
「建物の寿命を
延ばすこと」

「二次的災害を
防ぐこと」

当然ですが、建物が傷むにつれて屋根・壁共に劣化し、塗装が必要となってきます。しかし「何年たったら塗装を絶対にしないといけない」という決まりがある訳ではありません。

業者さんによっては4~5年又は10年位が塗り頃だという説もありますが、大切なのは大事に至る前に塗装を行う事です。
…と言うものの「100万も150万もかけて外壁塗装する意味があるのかしら?別に住めないわけじゃないし、雨漏りしているわけでもないし必要性なんてあるのかしら。」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

最初にお伝えした「大事に至る」と言う事は、壁のひび割れや塗装の膜が劣化することで壁の内側に雨水が入り込み、下地の柱を腐らせてしまう、といった事態になる事です。
(屋根の雨漏りは直接天井に落ちるので音やシミですぐに分かりますが、壁の雨漏りは外側のひび割れ位からしか判断する事ができません。)

この状況に至ると材木は湿気を含み、白蟻を呼ぶ可能性もあります。
さらに、いざ外壁塗装をしようと思った時に、塗装だけでは済まないこともあります。

外壁塗装には、こうした雨漏りによる2次的被害の誘発を阻止する役目があります。

下記の写真のような
状態が外壁に
見られたら要注意!

外観をみるだけ、簡単なチェックです。
もしも、このどれか1つでも症状が当てはまる場合、まずは私たちにご相談ください!もしかしたら危険な状態かも…?!あなたのお家は大丈夫ですか?

塗装のプロとして真剣にお客様と向き合っています
外壁塗装を失敗
しない取り組み

お客様との決めごとは
口約束でなく、
必ず書面で残します

そんなの当たり前では?と思ったそこのあなた。営業マンを見極めるのは勿論のこと、人柄が気に入ったからといって口約束で工事を始めてしまう方、結構いるんです。
功栄では、後からのトラブルを防ぐためにも、工事の内容やお金に関してはしっかり書面で残しています。

プロとして適切な提案を行います

大切な住まいを任せるので、プロの知識や経験は必須です。

「現在の家がどの様な状況であるか」
「どの様な工程で」
「どの様な材料を使い工事を行うか」

といった質問を業者にし、それに的確に答えられない、頼りないようであればその業者は避けるべきです。

私たちは塗料が用途ごとに一般的なものから付加価値の高いものまで様々な性能を持つものがあり、その金額にも大きく差があることを知っています。
だからこそ、それぞれの家の状況に合わせた的確な提案やアドバイスができることが大切だと考えています。
現在のお住まいの状況とお客様のご要望にあわせて幾通りかの見積もりのプランを作成する事も可能ですので、是非1度ご相談ください。

カラー
シミュレーションで
事前にイメージを
確認!

column08_pc

ご希望によっては、家の写真を使って施工後のイメージをシミュレーションすることが可能です。ご契約確定前に、お打ち合わせ内容とズレがないかしっかり確認し、理想の住まいへ仕上げましょう!

実は、使う場所に合わせた塗料の選び方が重要です!
塗装を長持ちさせるコツ

外壁塗装を長持ちさせる秘訣は…
シーリングを極める事

シーリング材の劣化が雨漏りや害虫発生の原因になっているって知っていましたか?
皆さん、外壁だけ見て、「まだうちの外壁はキレイだから大丈夫」などと思っている方が沢山いらっしゃると思いますが、実はシーリングこそ大切なのです。

※そもそもシーリングって?
壁1

シーリングとは、外壁材のジョイント部分に見られるゴム製の目地材です。シーリングの役割は地震による外壁の動きに対応してその力を逃す役目と防水性と気密性を保つ役目を果たしています。
本当の意味で建物を雨風から守るために地味ではあるが「大切な工事」それがシーリング工事です。

高耐久の
シーリング材を
おススメしています

外壁材のつなぎ目であるシーリングが劣化により断裂してしまうと、その隙間から水や虫が入り込んでしまうのです。
良い塗料を使っていて、キレイな見た目のお家でも、シーリング一つで入り込んだ水分等で内側から劣化が広がってしまいます。雨漏りの原因にもなってしまいますので、高機能塗料を選ぶように、シーリング材も良いものを選びましょう。

塗装をする前に
お客様に知っておいて欲しい!

塗料の特性と
メリット・
デメリット

同じ塗料でも
値段が違う?!
シリコン塗料の価格の
開きについて

現在の塗装業界で一般的な外壁用塗料といえばシリコン塗料です。ですが、このシリコン塗料には特徴があります。
それは、同じシリコンでもメーカーや性質によって定価がほぼ半額ということがあり得るのです。

その中でも一番定価が安いのが水性シリコン。
これがさらにUV非対応やメーカーによっても大きな開きがあります。同じシリコン塗料でも価格に大きな開きがあるのです。

実は、付帯部には
ウレタン塗料は
不向きなんです!

皆さん主剤にのみ気を取られて付帯部のことをないがしろにしてませんか?
付帯部とは雨樋・破風・雨戸など外壁に付帯する細かい部分の事です。付帯工事の部分では、ウレタン塗料がよく使用されます。

ウレタン塗料は、安くてお手軽な塗料ですが、何年か先のことを考えるとあまりお勧めできる塗料ではありません。

外壁を良い塗料で塗装する場合、「付帯部分一式はウレタン塗装にしますね。」は塗料の耐用年数の違いがありすぎて、バランスが取れないのはもちろん、素材自体(特に木部)が持たないケースもあり数年後に追加工事を行う場合も出てきます。
付帯工事部分の場合でも、シリコン以上の塗料をお勧めいたします。

住まいに合う塗料、
見つけませんか?
他にも塗料に関して
詳しくご紹介!

外壁塗装といっても、お客様のお住まいの状況によって最適な塗料は異なります。だから、「こんな色にしたい」だけで塗料を選んでしまうと、塗料が長持ちせず、またすぐに塗装をしなければなりません。
ですので、まずは外壁のプロに相談することが何より大切です。ここでは、塗装のプロがお伝えする、知っておいていただきたい塗料選びのポイントや、各塗料の種類・性能についてご説明いたします。

横浜市で外壁塗装するなら、
神奈川県No.1現場の
功栄にお任せ!