TOPへ戻る

スレート屋根 適切な塗装メンテナンスのポイント

  • 投稿日:

  • カテゴリー:


普段の生活では、自宅の屋根の状態を確認することはなかなかできません。気づかぬうちに塗装の劣化が進み、雨水が家を傷つけてしまっているかもしれません。

現在、多くの住宅ではスレート屋根と呼ばれるものが用いられています。スレート屋根は20年程度の耐用年数を持つとされていますが、塗装のメンテナンスで寿命を延ばすことも可能です。適切なタイミングで屋根塗装を行い、より長く快適な住まいを維持しましょう。

こちらのページでは、スレート屋根の劣化サインや塗装方法、費用相場などについてご紹介していきます。スレート屋根に関する正しい知識を身につけ、適切なメンテナンスを行いましょう。


スレート屋根とは?

現在、多くの屋根で使われているスレート屋根材は、セメントと繊維素材を混ぜた化粧スレートです。カラーベストコロニアルという商品名でスレート屋根材が販売されています。

一昔前は、繊維素材としてアスベストが使用されていました。しかし、アスベストを使用した屋根材の破損や解体時に健康被害があることから、法規制が入り約20年前からはノンアスベストの屋根材が流通するようになりました。

スレート屋根は非常に軽量であるため建物への負荷が少なく、災害時に建物の崩落を防げるという特長があります。

他にも、価格が安い、スレート屋根の住まいが多いことで屋根塗装の施工が出来る業者が多いといったメリットがあります。

スレート屋根とは?


スレート屋根塗装を行う目安

では、屋根塗装はどのタイミングで塗り替えれば良いのでしょうか。スレート屋根は約10年経過している頃が塗装の目安です。

スレート屋根自体の寿命は大体20年程度ですが、この耐用年数は気候やメンテナンスの有無などで長くも短くもなります。

スレート屋根塗装を行う目安

スレート瓦自体には防水性能が無いので、塗装することで水を弾き、雨水が住宅に入ってくるのを防いでいます。10年ほど経過すると塗膜が剥がれ、防水性能が落ちてしまいます。

「屋根塗装は外観維持だけのため」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、屋根の防水性を高め、屋根・住宅を雨水による劣化から守る役割を持っているのです。


塗装メンテナンスを行うべきサイン

コケ・藻の発生

屋根の防水性能が落ちてしまうことで、屋根に水分が溜まってしまいコケや藻が発生してしまいます。この状態を放置してしまうとコケ・藻自体が水分を保持し重みが増し、さらに屋根材を劣化させることに繋がってしまうのです。

色褪せ

塗膜の劣化によって、屋根の塗装が剥げてしまっていることを示すサインです。もちろん、色が褪せてしまっている部分は防水性が落ちており、雨漏りになる可能性が高くなります。雨漏りによる屋根材の腐食を防ぐためにも、早めの塗り替えを検討しましょう。


スレート屋根の塗装方法

スレート屋根の塗装には、大きく分けて6つの工程が存在します。


1.養生

作業箇所以外を汚さない様、ビニールシートやマスキングテープを用いて周辺を保護します。お住まいを保護し、美しい仕上がりへの手助けとなります。

養生

2.高圧洗浄

屋根に付着しているコケなどの汚れを落とすため、高圧洗浄機を用いて屋根の洗浄を行います。汚れと同時に古くなった塗料を落とすことで、新しい塗料の持ちを良くし、防水効果を高めます

高圧洗浄

3.ケレン、下地処理

高圧洗浄でも落ちなかった塗膜やサビを、ケレンという作業で除去していきます。

ヒビ割れしている箇所は傷の補修に加え、タスマジックやコーキング材を用いて隙間を埋めます。この工程を怠ると、塗装を行っても隙間から雨水が侵入してしまいます。

下地処理

4.下塗り

下塗り専用の塗料を用いて、次に塗る塗料と屋根との密着率を上げる役割を果たします。塗料の持ちを良くするために大切な工程です。

下塗り

5.縁切り

縁切りは、スレート屋根における塗装工程の大きな特徴です。スレート屋根は瓦同士が重なり、その重なった隙間から雨水を排水します。塗料によってスレート材同士の隙間が埋められてしまうと、屋根の内部に雨水がたまり腐食雨漏りに繋がります。

下塗り前後にタスペーサーと呼ばれる器具を差し込み、隙間が埋まらないようにする方法と、上塗り後にカッターなどで切ることで隙間を作る方法があります。

縁切り

6.中塗り・上塗り

仕上げ塗料は基本的には2度に分けて塗装します。これは、1度塗った段階(中塗り)ではまだ色やツヤにムラがあり、防水性の面からも不十分であるからです。

2度目の上塗りを行うことで、ムラなく綺麗な仕上がりとなります。防水性・耐久性も中塗りのみに比べて良くなります。

中塗り・上塗り


スレート屋根塗装の施工手順をご説明しました。施工事例一覧ではさらに詳しい屋根塗装の流れを詳しくご覧いただけますので、ぜひこちらもアクセスされてみてください。

屋根塗装施工事例



スレート屋根塗装の費用相場は?

スレート屋根塗装の塗り替えにかかる費用相場は、20~50万円程度とされています。費用相場に大きな幅が存在するのは、屋根の面積や使用する塗料の種類によって大きく価格が変動するからです。

塗料の価格目安

スレート屋根の塗装に用いられる塗料には様々な種類があり、機能や値段も変動があります。一般的な塗料価格の目安は以下の通りです。

  • ●普及率が高い シリコン塗料 約2,300~3,000円/㎡
  • ●耐用年数が長い フッ素塗料 約3,800~4,800円/㎡
外壁塗装 屋根塗装

屋根塗装の費用を抑える手段として、外壁塗装を同時に行うという方法もあります。足場の設置が1度で済むため、都度行うよりも費用を抑えることが出来ます。外壁の劣化も気になる場合は同時に依頼することがおすすめです。




スレート屋根塗装のポイント まとめ

スレート屋根塗装の塗り替えタイミングの見極め方・施工方法・費用相場についてご紹介してきました。

普段目につきづらい場所ですが、家の中で最も太陽光風雨による負荷が多いのが屋根です。定期的なメンテナンスを行い、快適に長く住める家を守っていきましょう。

また、屋根塗装のDIYは、転落による大怪我の危険性があるため絶対にやめましょう。信頼できる業者に依頼して塗装を行ってもらうことで、安全に納得のいく綺麗な仕上がりを得ることが出来ます。

株式会社功栄では、横浜を中心に屋根塗装を数多くご依頼いただいています。自慢の職人で大満足の仕上がりを実現します。お電話のほかWebからのお問い合わせも受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。




 

横浜市で安心と信頼の
外壁塗装をするなら
功栄にお任せ!